ロゴだけではブランディングにならない

ブランドってロゴを作ることですよね?と思っている人が多いと聞きます。

私も実際に「ブランドサービスを提供するって、ロゴを作ってるんですか?」

と聞かれたことがあります。

もちろんロゴはブランディングにおいて重要なのですが、数ある構成要素のうちの1つに過ぎません。

本日は、ブランディングでロゴ作ったあとの重要なステップについてお話します。

ブランディングのもっともっと大事なところに目を向けていただけるきっかけになれば嬉しいです。

※ロゴはコンセプト(設計図)なしには効果的なものを作れないことも。コンセプトの重要性についてはこちらの記事をお読みください。

ロゴを作った後の次のステップ

コンセプトを基に御社の信念や想いをロゴにできたあなたはこんな感じではないですか?

わ~い!

しかし、喜ぶだけで終わってはいけません。

そのロゴを見ただけで「この企業の商品はいいよね」とお客さんに認知されなければ自己満足です。

そのロゴの示す価値がしっかりお客さんに伝わって

「ここの商品はいいな」と認識されていますか?

それがロゴを作る最大の意味です。

ロゴ制作後は顧客との信頼関係を築きましょう

ロゴを作って満足で終わったり、その後何もしないのは本末転倒です。

・しっかりしたコンセプト

・魅力的な商品

・ロゴ

・「お客さんがこの商品いいな」と感じ

・「高くても買いたい」と選ばれ

・お客さんの好意を裏切らない努力を続ける(関係構築)

この順序でブランドを構築していくことが重要です。

まとめ

ロゴを作って自己満足で終わるのではなく、ロゴを作ってからがスタートです。

是非その点を頭の隅に入れておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA